本文へスキップ

学生ローン・キャッシングの案内所



マルチ商法・ネットワークビジネス・紹介屋等にご注意下さい


学生さんの間で儲け話などついついうまい話につられてお金を騙し取られるケースが多いようです。
そういった悪質な業者に対処する為に日ごろから注意するようにしましょう。

@ネットワークビジネス
いわゆるマルチ商法ですが、例えば建前上は化粧品の販売会社として営業し、実態はその化粧品販売のネットワークビジネスで荒稼ぎしている会社があります。
要は、あなたがこの化粧品販売でビジネスをすることになるのですが、前準備として10万円とか20万円のお金を支払って、結局あなたが高額な化粧品セットを買うはめになるのです。
確かに友達などを何人も誘ってあなたが売り上げを上げれば多少の利益が出る場合もあります。
ただ、それはほんのひとにぎりの人で、しかも売り上げをあげた分、友達をなくすことにもなるわけです。
気が付けばお金と友達の両方を失った・・というような話はしょっちゅうあることなのです。

A紹介屋
自分のところで融資はしないで、「他で借りられるところを紹介しますよ」と言って、法律で禁止されている割合の手数料を騙し取るのです。
(法律では5%まで認められているが、紹介屋の手数料は申し込み金額の20%〜30%が多い)

Bネオヤミ金
現行の貸金業法では、年29.20%を超える利率で貸付をすると罰則の対象となります。
しかし、近年の過払い金返還請求等が原因で、消費者金融側の貸し渋りが問題となっている。
これは、金融会社側も利率を大幅に引き下げざるをえなくなり、年18%位で融資するところが増えた為、金利を下げた分、貸し倒れになるリスクを避ける為に起きている現象です。
通常のヤミ金は10日で一割の利息といったように、暴利が一般的ですが、ネオヤミ金は年40.00%等のヤミ金としては低金利で貸付を行っているのが特徴です。
年40.00%という金利は、つい数年前まで出資法で認められていた金利なので、確かにヤミ金にしては低金利ですが、違法は違法なので注意が必要です。
特に対応も比較的親切なところが多いようなので、対応に騙されないようにして下さい。

C整理屋
多重債務者をターゲットとし、「借金の整理をしてあげる」と言って近づいてきます。
実際はというと、いいかげんな処理で済ませてしまったり、酷い場合は何もしないでお金だけ貰って逃げてしまうケースもあります。

D未公開株詐欺
「まだ上場してないが、いずれ上場するので必ず儲かる」と言って、株を購入させられます。
(本当だったとしてもインサイダー取引で逮捕されます)
実際は、そのような株自体存在しないケースが多く、ただの紙っぴれを数十万円で買わされるハメになります。


ここで紹介した手口はほんの一例です。
みなさんも、くれぐれも騙されないよう注意して下さい。